2012年2月18日土曜日

知立市マラソンに初出場

知立市マラソンに初めて出場した。
昨夏に腰を痛めてからDNS(Do Not Start:棄権)が続いていて
予定していた大会を2つも落としていた。
そのため、新たに走れそうなレースを探しているときにこの大会を見つけて
出場することにしたのだ。
この大会のメイン会場は知立中学校。
ナンバーカードに付いたICタグでタイムを自動計測。
参加賞は無し(お楽しみ抽選会はある)。
参加費は安い(1,000円)。
ということは、昔ながらの市民マラソンのような大会なんだろう。
最近はやたらと出場者数を増やそうとしてイベント化するマラソン大会が多い中、
こういった手作り的なマラソン大会はかえって好感が持てる。
知立という町はあまり知らないからコース図を見てもよくわからないのだけれど、
とても楽しみにしていた。
が、年末年始からさぼり癖が出て練習をほとんどしなかった(とても寒かったという言い訳も)。
今までも練習不足のまま出場していたのだが、
今回は練習不足なんてものじゃない。
ほとんど走っていないので、このまま走ると体に悪影響が出るかも、という不安が募ってきた。
直前まで棄権しようかと悩んでいたが、
来年出場するためにコースの下見を兼ねて走ることにした(コースは地図を見てもよくわからないので)。
駐車場はあまり余裕が無いとのことだったので当日は7時半に家を出た。
現地着は8時くらい。
この時間だとまだ駐車場は余裕だった。
受付でナンバーカードを受け取ったらTシャツにそれを取り付ける。
その後、アップを兼ねて周辺の道を走って走路の様子をチェック。
ゴール前がちょっとぬかるんで水たまりができている。
それ以外は土の上は走らないから大丈夫そうだ。
参加者は中学生とかスポーツ少年団のような子どもたちが多い。
ホントに市民マラソンだ。

アップついでにちょっと外へ出て遍照院というお寺へ。
ここは三河三弘法の札所なのだ(初めてきた)。
御命日は知立駅からここまでずっと露店が並び大盛況だという。
お寺の周辺には仏壇屋や数珠屋があり、
寺内町のような雰囲気だ。
この日はたまたま境内でイベントがあるらしく、
露店の準備をしていた。
試合があるのでチラッとみただけだが、
今度ゆっくりと来たいところだ。
一般5kmの部は一番最後のスタート(9時45分)。
スタートは市役所前の道路だ。
15分くらい前にスタート地点へ行って待機していると
ケンシン氏から声を掛けられた。
久しぶりにあったのでいろいろ話す。
夏の終わりに骨折したところは随分良くなって、もう走っているという。
ただ、この大会は出場せず、
会社の同僚の応援で来たと言っていた。

さて、スタート。
参加者のレベルがそれほど高く無いようで、
スタート前の大混乱みたいなのは無い。
スタート位置も自由(申告タイム順ではない)。
よかった、走りやすい。
私はコースの下見のつもりで来ていたのだが、
やっぱり試合になるとつい本気に・・・。
ケンシン氏の話によると距離表示は出ていたとのことだが、
どれだけ走っても表示は見当たらない。
だから、1kmあたりどのくらいのスプリットで走っているかよくわからない。

途中(多分2kmくらい)からふくらはぎがピクピクしてきたので
やや自重して走る。
無理すると肉離れだ。
コースは平たんで上り下りはほとんど無い。
街から南西の郊外の田んぼの中を走ってまた街へ戻るというコース。
最後はさすがにペースが落ちたが、
途切れなく沿道に応援の方がいらっしゃって
おかげでめでたく完走できた。
記録はなんと20分34秒。
しかし、今の状態でこの記録が出るのはちょっとおかしい。
多分距離が短い(5km無い)のだろう。
それとも、あまり練習してなくても今の私なら5kmをこのくらいのタイムで走れるということか?
謎だ。

ということで、ゴール後に記録証を貰ってお楽しみ抽選会の番号チェック。
残念ながらハズレ。
豚汁を振舞っていたが、さすがにまだ食べたいと感じなかったので
そのままダウンをしっかりやって帰宅。
思ったよりタイムが良かったから気分が良い。
走りやすいし家から近いし、来年も出場したいと思える大会だ。

0 件のコメント: