2009年1月15日木曜日

命の大切さ

昨日は帰宅する時間帯に電車が事故で遅れていて、深夜の帰宅となった。
遅れた理由は住吉町駅での「人身事故」。
多分鉄道自殺だと思う。
新聞記事によるとなんと高校生とのこと。

ホントに多すぎる自殺。
最近は鉄道自殺がかなり増えている気がする。
かつて、私が乗っている電車に飛び込みがあったこともある。
新聞記事にも載っていたけど、
電車を停めると遺族には莫大な額の請求をするらしい。
それはそうだろう、今日は終電に近い電車だったので、
駅員が乗客全員にどこまで帰るのか聞いて回っていた。
乗客の帰宅補償をしなければならないので大変だ。
どこまで対応するのだろうか。

あまり知られていないと思うが、
1年で自殺する人数は、交通事故で亡くなる人数の何倍にもなる。
これは非常に由々しきことだ。
命を粗末にしすぎる。
確かに死にたいと思うほどとても辛いことはある。
私もそう思ったことがある。
でも、自ら死んではいけない。
死んで楽しようと考えるのは卑怯だし、
残された人たちが迷惑する。
せっかく命を授かったのだから、精一杯生きるべきだと思う。

この世には生きたくても生きられない人がたくさんいる。
アフリカのシエラレオネでは平均寿命が35歳くらいだ。
長寿の国である日本でも、病気で若くして亡くなってしまう人は多い。
私の父も若くして亡くなった。私が高校生のときだ。
もっと生きたかっただろう。

粗末にしていい命なんてない。
先が見えなくて絶望していても、死んではいけない。
きっと自分を必要としている人たちがいるはず。
人生捨てたもんじゃないと私は思っている。
私の人生も、20歳の頃に想像していたものとは随分と違った変化に富んだものになっている。
受け身では道はあまり開けないかもしれないけど、
でも頑張っていればきっといいことがあるはず。
生きられない人たちの分も精一杯生きて欲しいと思う。

遅れた電車の中でちょっと考えたことを書きました・・・暗い日記になってしまいました。

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

はじめまして、風呂屋の息子と申します。
くノ一さんのブログから拝見に来ました。
今後もよろしくお願いいたします。

以前に知り合いの娘さんが電車で命を絶ったことを思い出しました。美人で聡明な娘さんで将来が楽しみな方でした。
眠っているような御顔でしたが半分に包帯が・・。
後で聞いたのですが頭がなかったとのことでした。親御さんの悲しみは図り知れません。
悲惨な事象はなくしたいものです。

いさ さんのコメント...

死にたいと思った時、これを見ましょう!
http://event.yahoo.co.jp/voluntarylife/moshimo/index.html

F氏 さんのコメント...

風呂屋の息子さま>
コメントをくださいましてありがとうございました。
お知り合いのお嬢様でそのような悲惨なことがあったのですね。人がある日突然いなくなるということは非常に悲しいこと。それも自殺となると残された方々のショックは相当なものでしょう。このようなショックを受ける遺族が毎年何万人もいると思うと、私たちで何かできることはないのだろうかと考えてしまいます。

F氏 さんのコメント...

いささま>
これは有名なものですよね。私はこれが本になっているものを読みました(シリーズになっています)。死にたいと思ったとき、そっと手を差し延べて思いとどまらせてくれる人がいるといいなあと思います。