2008年11月15日土曜日

有森裕子・布袋寅泰らと走る! ~エンジン01文化戦略会議 オープンカレッジinなごや~



11月8日(土)に「エンジン01文化戦略会議 オープンカレッジinなごや」というイベントに行ってきた。
本当はこの日は出勤すべき日だったが、休みが取れてラッキーだった。

「エンジン01~」とは、異分野の専門家が自由な意思を以って集まり、
相互に学び合い、新時代の文化を創造していくことを目的とし、
この目的を果たすための活動を行う上で、
公正と無私の心を基本理念としている団体である。
構成メンバーは本当に各界の著名人ばかりで、
具体的には以下のページをご覧いただきたい。

http://www.enjin01.org/index2.html

で、今年はその会が主催するオープンカレッジが
たまたま名古屋で開催されたので行ってきたのだ。
このような全国レベルのイベントはよく「名古屋飛ばし」をする。
が、この会は今年は名古屋を会場としてくれた。嬉しいことだ。
会場は名古屋国際会議場(白鳥センチュリーホール)。

オープンカレッジなので、いろいろなテーマごとに講座があり、
各界の著名人がやってきていろんな話を聞かせてくれる。
私はそういった講義形式の講座一つと、体を使った講座一つをチョイスした。
その体を使った講座が「有森裕子と走ろう!」である。

有森裕子とは、あの有名な「自分で自分のことをほめてあげたい」の名言を残した
オリンピック女子マラソンの銀メダリストである。
今はプロのランナーではなく、このような講座の講師をしたり
国際陸連の委員やNPO法人の代表など忙しい毎日のようだ。
現役選手の時代と違ってとても充実したいい顔をしていた。

今回はたくさんある講座の中の一つということで、
エンジン01のメンバーの何人かが一緒にこの講座に参加していることがミソ。
有森以外の参加者は、浅葉克己、伊藤穣一、犬養裕美子、岡田達雄、
林真理子、布袋寅泰、矢内廣とそうそうたる顔ぶれ。
でも、この人たちちゃんと走れるの?というのも正直なところ。
この講座のチケットは随分前に売り切れており、人気は高い。
120人くらい出席しているだろうか。
写真撮影や録音は一切禁止という厳戒態勢だったので、
残念ながら写真はない。
サインも、基本的にはダメだということだった。

この日は朝からあいにくの雨だったが、走る時間になったらほとんど止んだ。
雨が続いたら講演会になる予定だったが、走れそうなのでRun決行となった。
講座は90分間で、最初の30分~40分くらいは有森の話を聞く。
自分の昔話はほとんどなくて、ジョガーとしての心得とか楽しみ方、シューズの選び方などためになることばかりだった。
参加者から「シューズなどはどこで買えばいいのか?」という変な質問があり、
有森は名古屋は知らない土地なのでまごつく場面も。
ただ、有森はあるスポーツメーカーがスポンサーについているので、
「できれば『エーエスアイシーエス』と書いてあるメーカーの製品を買ってください」と笑って言っていた。

そのあと外へ出て、
準備体操とウォーキングをして白鳥公園のコースを一周。
その後はフリーで走るのを30分くらいというメニュー。
私は最初布袋寅泰をマークしてすぐ後ろを走っていたが、
布袋はフリー時間になるとあっという間に後ろに下がって行った。
残念!
布袋はかなり身長が高くて大物のオーラを発しているが痩せている。
ライブで鍛えた身体だから体力はありそうだが、持久走はどうかな~。
その後途中で公園内をチラっと見たところ、コース外を歩いているのを発見。
やっぱりな~。
今回参加したことの目的のうちの一つは「布袋のすぐそばで一緒に走る」だが、
それは一応達成できた。
有森はコースを逆走したりして、メンバーが無事走っているかをチェック。
途中でハイタッチなどをする。

Run終了後に再び集まって、01メンバー各位が感想を述べる。
ここで、林真理子の「子どもをだっこしたお母さんより遅かったのがショックだったが、
私の場合はおなかにその分ついているから条件は同じか、と思った」などと述べていたのが面白かった。
あっという間の90分間、来年はもう名古屋では開催されない。
三重や岐阜などでの開催なら行けるので、また行きたいなあと思うイベントだった。

※敬称略

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

いつもご訪問ありがとうございます。
なんか「トンネルの向こうに小さな灯が見えてきた」という思いです。
まだまだこれから合意形成に向けて修羅場もあるかもしれない。自治会の中には温度差があるようですので・・・
でも協力できないという人はそれでいいと思う。強制されてするものでもないし、ほんとになくなったら困るよね、という人たちの集まりでいいと思う。でないと却って某施設が悪役になってしまうもの・・・
ただ、当時の上野市が「是非ここの場所に、文化会館と共存共栄で」と望んだのですから、最善のことはしていただきたい!と思うわけです。遠く愛知県から見守っていてください。よろしく

F氏 さんのコメント...

コメントありがとうございます。
毎日の日記を拝見させていただき、そのいずれもが地元に対する愛情に溢れており、とても強いメッセージを感じます。多くの人たちが、地元に無関心でいたり地元の活動(町内会とか目に見えない地域のつながりなど)を避ける傾向にあります。これは、生活のパターンが昔と変わってしまい、地域を無視していても生活に困らないから。でも、いつかしっぺ返しが来ると私は思います。愛知から声援を送り続けます。

くノ一 さんのコメント...

「地域を無視していても生活に困らないから」ほんとにその通りです、悔しいけどそういうことなんです。地域の方も読んでくださっているのですが、むしろF氏のような地区外の人の方が敏感にコメントをくださったりする、これがまた嬉しいんですけどね。
個店の人たちも「地域のことも考えて頑張ってる人」と「淡々と今日さえ無事に暮らせたら」という人、両極のような気がしてなりません。誰かに言われたことがあるんですが「今更、活性化なんて無駄なことやめとけ」って、かといって放っておいていい訳がない。時々虚しくなりますけど、もう少しだけ肩肘張らずにやってみようかなって後押ししていただいたような気分です。ありがとうございます。
今、私が伝えている施設のことはもう少しだけというか「存続叶うまで」はきっちり伝えていきたい。私はボランティアでこの施設のお手伝い(特にイベント時の参加が多い)をしていますが、ここでお客様に対する姿勢を叩き込まれたような気がする。サービス業という厳しい世界を教えてもらった、だから恩返しのつもりです。施設の人はここまでは言えません、第3者だからこそ伝えられる何かがあると思っています。今しばらくお付き合いを・・・そして見届けてやってください。来年6月から新たなる出発ができるのかどうか。

F氏 さんのコメント...

まずは入札に向けての基盤つくりですね。全国に先駆けた成功例として新聞紙上を賑わす事例となっていただきたいと思います。